現金商売でも使える!クラウド会計

著者:ケイ・アイ&パートナーズ税理士法人
投稿日:2021年07月12日
現金商売でも使える!クラウド会計

クラウド会計というとネットで商売されている方が使われることが多いようなイメージがあります。クラウド会計の最大のメリットは、預金連携・クレジットカード連携やその他のサービスとのデータ連携を行うことができ、経理処理の手作業や手入力を減らし、事務処理の効率化を図ることが挙げられます。

逆にクラウド会計に馴染みにくい感じがするのが「現金取引」です。今回は、現金商売でもクラウド会計を導入して事務処理の効率化を図る方法をご紹介いたします。

1.現金商売のクラウド会計の問題点

現金商売の場合は、日々現金取引が発生して、日別に現金売上やカード売上などを集計して会計帳簿へ記帳したり、エクセルなどで別途集計をされている場合が多いと思います。

例えば、飲食店の場合には、1日ごと売上伝票を集計するのですが、最近では決済方法が多様化して、クレジットカードや電子マネーなど管理が非常に大変です。その売上をクラウド会計で処理するには、手入力したりエクセルで集計したデータを取り組むことなどが考えられますが、間違いが起こりやすく、時間が多く必要になることなどがネックになることが多いです。

2.POSレジアプリのおすすめ

ひと昔前ですとPOSレジというと高額なイメージがありましたが、現在では低コストで利用でき、小規模事業者・中小企業でも導入しやすくなりました。

POSレジはいろいろなメーカーから提供されています。ここからは私見ではありますが、税理士事務所の関与先でもよく使われている「Airレジ」をもとにクラウド会計との連携などを簡単に説明させて頂きます。

Airレジ ロゴ

Airレジはシンプルな画面構成となっていて、簡単に使いやすい仕様となっています。
さらに、驚きなのが「レジ機能が0円」月額費用もかからないのです。専用機も必要なく、ipadを用意すればすぐにでも利用することができます。

現金決済のみでなく、Airペイと一緒に利用することにより、クレジットカードや交通系電子マネーなど、さまざまな決済手段に対応することこができます。

Airペイ
引用元:AirREGI

このように、POSレジアプリなどを導入することにより、日々の売上データなどがインターネット経由でAirレジからクラウド会計へ自動連携することができます。レジで処理した情報を会計データへ手作業や手入力することなく自動連携できますので、転記作業の間違いなどをなくすことができ、会計処理の効率化を大幅に図ることができます。

3.売上集計・分析が自動集計

Airレジでは、単純に一日の売上のみでなく、時間帯別売上や客数などの数字が自動集計されます。手書きの日報や別途エクセルで集計する作業を省け、さらに、グラフ表示も可能ですので日々の分析に大変役立ちます。

Airレジ 売上集計
引用元:AirREGI

4.周辺機器も充実しています

お店の用途に合わせて、レシートプリンターやキャッシュドロア、バーコードリーダー、Airペイを利用した場合のカードリーダーなどの周辺機器があります。中でも、レシートや領収書の印刷をするためのレシートプリンターや現金管理をするためのキャッシュドロアを組み合わせれば、レジ業務がさらに便利になります。

Airレジ周辺機器

5.クラウド会計との連携

Airレジを導入するとクラウド会計へ連携することができ、売上データ等のレジの情報がクラウド会計へ連携することができます。クラウド会計への連携は、AirID(アカウント名)とパスワードを入力して連携登録を行うだけで簡単です。ただし、クラウド会計側で最初の自動仕訳ルールの設定はしっかり行うことをおすすめします。

マネーフォワードクラウド会計の場合の連携登録画面

データ連携 → 新規登録 → Airレジ

マネーフォワード エアレジ連携

おすすめのクラウド会計

Airレジとの連携は、freee会計や弥生会計、マネーフォワードクラウド会計、TKCなどと連携することが可能です。

個人的な見解ですが、小規模事業者で会計処理初心者の方は「freee」、今まで会計ソフトなどで会計処理を行っていた事業者や多店舗展開されている事業者の方は「マネーフォワードクラウド会計」がおすすめです。

freee会計 ロゴ
マネーフォワードクラウド会計 ロゴ

6.最後に

Airレジを中心に説明をすすめてきましたが、しっかりと自社での使い勝手など考えて導入される場合は検討してみてください。また、Airレジ等を導入してクラウド会計と自動連携できますが、自動ですべての会計処理が最初から正しく反映されるというものでなく調整が必要ですので、導入時の初期設定や会計処理のチェックなど、税理士事務所等にクラウド会計を導入・サポートをご依頼されることをおすすめします。

京都・宇治市のケイ・アイ&パートナーズ税理士法人では、freeeやマネーフォワードクラウドなどの導入・運用サポートを行っています。お気軽にご相談ください。

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
経理代行サービス
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
バックオフィス業務をマネーフォワード クラウドで自動化

バックオフィス業務をマネーフォワード クラウドで自動化

マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード クラウド会計